体外離脱・幽体離脱の方法~100%成功への道~

はじめに

インターネットが無ければ、私は恐らく体外離脱を知りもしなかったし、始めてもいなかったと思います。殆どの方がそうだろうし、いざ始めてみても中々成功せず、挫折してしまった方も多いかと思います。

誰かと協力して行うものでも無いので、訓練中はモチベーションが保ちづらいのもありますよね。そもそも「おいら今、離脱の訓練中なんだ、応援ヨロシクなっ!」なんて気軽に言える知人がどれだけ居ますか?居ないでしょ。それに離脱してからの目的なんて喋れないし。

いや、空を自由に飛びたいとか、壁抜けしたい絶景観たいとかあるけど、もっともーっと大事なものもある訳で・・・ねぇ。

私も離脱の訓練中は本当に孤独で、しかも失敗する度に朝の目覚めは悪く、仕事が殆ど手につかない事もありましたが、幸いな事にしばらくして離脱に成功しました。訓練は2週間位だったので、運が良かったのかも知れません。
一度成功すると、それからは面白いように離脱出来るようになり、滞在時間も伸びて、一通りの事を試した後は、更なる深世界への探索に心が躍り、今もその状態です。

体外離脱に挫折してしまった方へ

今回は簡単に言ってしまえば、「私の離脱法」のご紹介です。

2チャンネルやまとめサイトには、離脱法として色々な方法が載っているけど、私にはどれも合いませんでした。でも、モチベーションは高まるので今でもこまめにチェックしています。
一度離脱に成功すれば、離脱しやすい体質になりますから、何を試してもダメだった方にも試してほしいです。

離脱成功へのポイント

それでは理論より実践です。「既にやっているよ!」という事もあるかも知れませんが
意外に基本的な事をキチッと済ませるだけであっさり成功すると思うので、きちんと行ってください。とてもシンプルな方法です。

寝る直前にトイレを済ませる(寝るのは何時でも構わないです。食事も自由)

きちんと眠るためにトイレは済ませておきましょう。何時間前までに食事を終わらせるとか、寝る前に○○を飲むとかは、必要ないです。

寝るときから4時間後に目覚ましをセットする

起きてもまだ眠くて、そこからすぐ眠りに入れる絶妙な時間が4時間位です。人により違いがあると思いますが、まずは4時間で試してみてください。

※2019年6月追記:ネットで見た明晰夢関連の記事で”5時間”がおススメとありましたので、参考になればと思い追記しておきます。

③寝る。ぐっすりと寝てください。

離脱のことは気にしないで休んでください。スマホでまとめを見たりして、離脱のモチベーションを上げるのも良いです。もちろんこのブログでも!

④アラームが鳴ったら目を覚まし、トイレを済ませる

アラームで目覚めたら、何ももよおさなくてもトイレに行ってください自分の経験上ここはとても大事です。

トイレの電気もつけて、ほんの少し意識を冴えさせるのが非常に効果的。半目のうとうと位で布団に戻りましょう(もちろん、もよおしていたらきちんと済ませてください!笑)。あまり考え事はしない方がいいでしょう。それでいて「今から離脱するんだ僕は」という意志は持ってください。

なお、ここで覚醒度が高まるとこの後意識が落ちづらくなり、効率が非常に悪くなるので、そう感じたらその時はあきらめて翌日にもう一度挑戦しましょう。布団に戻って目を閉じて「な~んかダメそうだなぁ・・・・」と感じた時点でもうアウト(覚醒度が高い)です。逆に「とても心が落ち着いている、これはイケそう」と感じればゴール目前!

逆にトイレに行かないと”少し意識を冴えさえる”のが難しく、まどろみの中で再び眠りに入ってしまう可能性が高いです。

⑤再び眠りますが、目を瞑っているときはまぶたの裏に写る「何か」を追いかけ続ける

好きな姿勢で寝て下さい。なるべく何も考えず、しかし『離脱のために意識は保ち続ける』という目的のために『眠っているという心地』を感じていて下さい。

しばらくすると、「何か」がまぶたの裏に現れてきます。

「何か」が説明が難しいのですが、白いもやみたいなものが現れ、延々と規則的に、あるいは不規則に動き続けたりするので、それを観察し続けてください(ただ、自分が見ている『もや』と、皆さんが見る『もや』が『同じような感じのもや』なのかは分かりません)。

しばらくするといろんな映像ががまぶたの裏をよぎる事もありますが「ただただ観察」し続ける事。感情を動かさないこと、変に気にしたりしないことが大事です。

※映像がよぎるのが離脱の必須条件ではありません。白モヤがそのまま続く事もあります。この離脱方法は、簡単に言ってしまえば視覚情報を得る事で脳を刺激し続け、寝落ちを防止しつつ意識のレベルは落としていく、という感じのものだと思います。

先ほどの続きです。無の心になりましょう。『何も考えちゃだめだ、だめなんだ』ってのも考えてはいけませんが、余計な邪念は必ず入ってきます。

そこで僕が工夫している事ですが、邪念が入ってきたら呼吸の吐くときのタイミングで、その邪念を一緒に吐き出すイメージを持ちます。すると不思議な事に、頭がすぅっとクリアになり、いわゆる無の心に近い状態になれます。いやホントに。この方法は僕には非常に効果がありましたので、皆さんもぜひ試してみてください。

そうしてしばらくすると更に意識が落ちていき「脳は起きてます、体は眠ってます」という、離脱のラインに近づいていきます。

⑥、⑤をしばらく続けていると金縛りが来たり、頭がグワワワーンとなる違和感が来ます

金縛りを怖がってはいけません。大チャンスと捕らえましょう。金縛りはもちろん、頭が震えるように感じたり、いろんな症状が現れると思いますが「明らかに体のどこかの様子がおかしい!」と感じたら、それは離脱確定のお知らせです

ここで恐怖で興奮したりしてはいけません。それまでの低い意識の状態を保ち続け、その体の変化、変調が収まるまでやり過ごして下さい。

金縛りや違和感が収まったら既に離脱しています。

普通に起き上がってみましょう。よく言われるローリング等は必要ありません。既に離脱後の身体として動けます。離脱がうまくいかなくてローリングを意識している人は、それが原因で成功しないのだと思います。本来必要ない動きだと思います。

金縛り終わる=離脱済み

少なくとも自分にとっては当てはまっているので、とりあえず金縛りから解放された気がしたら自由に動いてみてください。

一応自分の持論としては『金縛りを恐怖と捉え興奮して覚醒するならまだしも、チャンスと捉え低意識のまま金縛りを平然とやり過ごす事が出来れば、金縛りが終わった直後に覚醒しているなんてありえない。だから金縛りから解放された時、自我が少しでもあれば、それが離脱の合図』です。

ちなみに最近は、その金縛りの『金縛り感』もとても弱くなっていて、身体が慣れてしまったのか、少しの振動を感じた後、冷静に「はいはい、離脱しましたね」と、ゆっくり動き始める感じです。離脱のプロセスに『慣れ』があるのは、離脱経験のある方なら異論は無いと思いますが、逆に言えば「最初はみんな素人」とも言えます。一回成功して「体外離脱って本当に出来るんだ」と実感してもらえたら嬉しいです。

⑧離脱が成功したら・・・

最初は興奮で、恐らくすぐ戻され、目が覚めてしまいますが、離脱しやすい体質になっています。Hello new world!!

一度成功すれば、次の成功は時間の問題です。孤独な闘いのご褒美として、思う存分楽しんでくださいね。

慣れてくると、上記の方法を守らなくても自分流の離脱方法が出来上がってくると思います。例えば、私は今では目覚ましは使わず、朝方にふと目覚めた時に『まだ4時か・・・良さそうなタイミングだし、離脱してみようかな』といった感じで、離脱が自分の生活の一部に溶け込むというか、なんだかアブナイ話しですがそんな感じになっています。

他にも、”白いモヤ”が現れずいきなり映像が出て、金縛りも無くそのまま映像の世界に離脱出来たりと、(他のサイトで”○○法”のような離脱のやり方が多くあるように)結局のところ、ゴール(離脱)までの過程は無数にあるので、最終的には自分流の離脱法を確立することを前提に、このページを取っ掛かりとして参考にしてもらえれば嬉しいです。

さて、今回は私の離脱法のご紹介でしたが、今後は離脱中のテクニックや共有したい情報が出てきたらまた書きたいと思います。

それでは良い離脱ライフを。

2017年3月23日追記 ねむり姫

このページを最初に作成してから、少しづつ読みやすいように伝わりやすいようにしようと細かい改変を行っていましたが、最近多くの方(といっても1日数十人程度)に読んでいただけているようで、少しでも役立っていたらうれしいです。と、そんな真面目そうな事を書いていても、アッチの世界ではドエライドヘンタイだったりするものです。で、最近『ねむり姫』というアニメ映画を見て「実は夢って、他人と共有されてるのでは?夢に出てきた他人は、実は実在の人物の夢では?」という、ファンタジック(で済んでほしい)妄想をしてしまいました。

もう一点、動物も夢を見るといいますが、一般的な人間が”夢は思い出しづらいもの、忘れてしまうもの”として脳に刷り込まれているなら、過去のどこかの時代の、生物の進化の過程で「夢という現象は思い出しづらいもの、忘れやすいもの」に”しなければならなかった”何らかの意識とか夢を巡る、もしかしたら地球や宇宙規模の重大事件があったのかも知れません。夢と意識の共有、刷り込み、宗教、宇宙人の夢、動物の夢、そして体外離脱・・・そんなキーワードが浮かんだところまで考え、なんか物語が出来そうだなと~と思い、忘れないようにここに追記しました。

2019年5月24日追記 おすすめの体外離脱補助アイテム

離脱の補助アイテムとして最も有名なのは『ヘミシンク』だと思いますが、私は試していないので分かりませんが、「実際に離脱出来るか」で考えた場合、レビューを見渡してみても、値段分の価値はないでしょう(あくまで私の意見です)。何らかの不思議っぽい体験は出来そうですが・・・

値段を知ってもらうためにアマゾンのリンクを貼りますが、こんなの無くても体外離脱出来ますので、間違っても買わないでくださいね。値段を見れば、買う気にもならないと思いますが(笑)

それより遥かに安く、効果が実感できるのが、アイマスクです。アイマスクをすると当然『視界が真っ暗』になりますが、離脱を試みるときは”より暗く、より静か”な方が成功率が上がります(実際に私がそう体感しています)。

試してみて欲しいんですが、両目を瞑ってみてください。その後、両手の手のひらで両目を覆うようにしてみてください。同じ目を瞑っているのでも、外の光が入るのと入らないのでは、明るさが全然違う事に気付かれると思います。

二度寝法を実践の際は、朝の光が若干差し込んでいる事も多く、ここでアイマスクをして暗さを確保することで、白モヤを”捉えられる”確率がアップし、結果的に離脱出来る確率もアップします。視界が明るいと、何というかモヤが捉えずらいというか、明るさに気が散ってしまうんですよね。

アイマスクで視界がどの位暗くなるかというと、ピッタリとフィットさせた状態だと、目を開けてみても、目を瞑っている時と全く同じ暗さなんです。

「これ、目を開けてても眠ってるのと同じ効果があるんじゃない?」と思えるくらいです。

ただ、実際にピッタリとフィットさせ、それを維持するのはかなり難しいです、というのも、どうしても鼻の辺りから(アイマスクが自分の鼻の形に作られていないため)少しの光は入り込んでしまいます。フィットさせるためにバンドをきつく巻くと、頭が締め付けられるようになり、気になって仕方ありません(ここは少し工夫すれば、よりフィットするように出来るとは思いますが、実際それほど気にしていません。)

結論として、アイマスクで視界をより暗くさせる効果は間違いなく離脱成功の確率にプラスに働きますので、1つは持っておくべきと断言できます。

以下は実際に自分が買って使っているアイマスクですが、これを一度使ってみると「何で今まで使ってなかったんだろう」と、嬉しい後悔?が味わえます。これはぜひ買いましょう。

2019年6月27日追記 おすすめの体外離脱補助アイテムその2

アイマスクに続き耳栓にも手を出してみましたが、今ままで耳栓を持っていなかったのは「朝のアラームが聴こえなくて会社に遅刻したら困る」のが理由でしたが、今の耳栓は進化していて、周囲の雑音はほぼシャットダウンしながらも、アラームや警報はちゃんと聴こえる作りになっているんです。スゴイ!実際に買ったのが以下の耳栓です。

この耳栓は水洗い可能で付け心地も良く、小さいサイズなので左右を向いて枕に耳が沈む際も耳が痛くなりません。

アイマスクと耳栓、最高のコンビです。離脱確率アップはもちろん、普通に眠る時にも良質の睡眠が得られている気がします。

2019年6月27日追記 4日連続離脱成功 コツの共有

意図的に試した方法で4日連続、二度寝からの離脱に成功しましたのでその方法を記載します。基本はこの記事の方法通りですが、細かく意識するポイントがあります。まず当手法の①~④は同じ、で、⑤番ですが、下記の記述

”好きな姿勢で寝て下さい。なるべく何も考えず、しかし『離脱のために意識は保ち続ける』という目的のために『眠っているという心地』を感じていて下さい。

しばらくすると、「何か」がまぶたの裏に現れてきます。”

ここですが、言葉で説明するのが難しいのですが、寝床に戻り横になり目を閉じますが”目を閉じた瞬間からまぶたの裏の暗闇を意識する”のはNGという事が分かりました。”まぶたの裏の暗闇を意識する”とは、目を閉じている状態で眼球を動かし、まぶたの裏の暗闇を積極的に見続けている状態です。これがNGです。

「白いモヤ早く見えてこないかな~」と眼球をグルグル動かして探すのではなく、普通に眠る感覚でまぶたを閉じ、眼球に力が入らないようにします。白モヤも探しません。離脱を意識せず、本当に眠りに着くような眠り方をするのがポイントです。

このままだと普通はそのまま眠ってしまいますが、『離脱してやる』というモチベーションのある私たちなら大丈夫です。しばらく自分の呼吸音を聞いたり(上記の耳栓をすると自分の呼吸音がハッキリ分かり便利です)、勝手に頭に流れてくる音楽を聴いたりして過ごします。

この時のポイントは”呼吸音も音楽(曲)も全て受け流す”です。これまた言葉で説明するのが難しいのですが、私の場合、頭の中で同じ音楽が延々と繰り返し流れたり、別の曲が始まったりと忙しくなります。騒がしい曲の時にムリヤリ静かな曲をイメージして割り込んだりするのですが、結局は負けてしまいます。なので自ら何のイメージも作らず、持たず、うるさく聞こえてもただただやり過ごします。この間に意識レベルが低くなっていきます。

ちなみに、この時脳内で自ら何らかのイメージ(映像でも曲でも)を作ると、それは呼吸に現れます。不思議な現象ですが、単純に呼吸が大きくなってしまうんです。それまでの小さな呼吸が嘘だったように、少し苦しささえ感じるほど、呼吸が大きくなるんです。普通眠っている人の呼吸は「息してる?」ってくらいとても静かなのはご存知だと思いますが、まさにその状態に近づいていくために、自分で作るイメージは封印です。想像や妄想って脳のエネルギー?をかなり使うようで、そのため酸素を多く取り込む必要があり、呼吸が大きくなると推測しています。

その後、具体的に何分、何十分なのかは分かりませんが、ある程度時間が経ってから初めて”白モヤ”を探してみます。意識レベルが低いとすぐ見つかり、そこから金縛り⇒離脱に持っていけます。

1つ小ネタですが、金縛り中は、既にアッチの世界に居るという事も分かりました。金縛りで身体がブルブル震えている時に「ちょっとアンタ大丈夫!?」と声をかけてくれたはずの妻が、実は起きる事もなく横でぐっすり熟睡していたという実話からです。つまり幻聴とか『金縛り中に幽霊が見えて怖かった』というのは全部、アッチ(夢)の世界でのものだったという事です。

話しを戻しますが、金縛り直前の白モヤはとても豪華で、曼荼羅の様な不可思議な模様を延々と見させられることもあります。この段階まで来れば100%成功したようなものです。仮にモヤや映像が途切れたりしても、しばらくして金縛りが来たり、金縛りを経由せずいつの間にか夢の世界に入っていてそこで離脱している事に気付いたりします。

長々と書いてしまいましたが、ポイントは『二度寝の時にはまず普通に眠るようにする』ここを意識して連日成功しているので、ぜひ参考にしてください。

2019年11月28日追記 長期離脱についてのヒント

長期離脱の体験は体外離脱を実践する方の多くが目標にしていると思います。長期というと向こうの世界で”何日・何カ月・何年”居続けられると捉えがちですが、離脱中の時間の感覚って人によりかなり個人差があると考えているため、結局のところ

『自分が望む限り離脱体験が出来て、好きなタイミングで戻ってこられる』

というのが目標になる感じです。で、肝心のその方法ですが、私の経験だけのお話ですが、上でご紹介している”徐々に意識を落としていく離脱方法”ではなく、”夢の中で自力で夢と気付く方法”を使った方がかなり滞在時間が延びる事が分かりました。恐らく、徐々に意識を落として離脱するときの意識レベルと、自力で夢に気付いた時の意識レベルでは、夢に気付いた時の方が遥かに意識レベルが低く、つまり覚醒までの道のりがより長くなる=滞在期間が延びる、という感じだと思います。『こんな事しててもまだ覚醒しないのか~』と、離脱中に関心した記憶もあります(”こんな事”が何かは想像にお任せします・・・)

夢の中で夢だと気付く方法

では、一体どうやって夢の中で夢と気付けるのか?ですが、私もまだ体験数が3回程と少なく、まだ模索中なのですが気付いた事もあり、皆様に何かヒントになればと思い体験談を記しておきます。

①早く寝た

私の場合、普段は夜11時頃寝るのですが、この時は夜8時頃に布団に入る⇒1時頃目覚めてトイレへ、という感じでした。その後、まだかなり眠くて何とか意識を保ちながら目を瞑っていたら、いつの間にか『あ、これ夢の中だ』と気付けました。夢だと気付いた時は意識はほぼ途切れているというか、ほとんど普通に眠っていた感じで金縛りも無く、何故かこれは夢だと気づけました。早めに寝たというのと、二度寝するときに意識を保とうとしていたのが良かったのか分かりませんが、通常よりかなり長い滞在時間となりました。最後はリアルの身体が横向きで眠っていたため、肩が痛くなりそれに気づいたため覚醒しました。

②強烈な眠気を作り出した

夜10時に布団に入り2時頃に目覚め、トイレに行った後、布団の中で2時間位スマホでネットサーフィンをしてしまい、4時頃に強烈な眠気が来たので何とか意識を保ちつつ目を瞑っていたら、途中でやはり意識が途切れて普通に眠ってしまった感じになりましたが、その後何故か夢の中で夢だと気づけました。この時も滞在時間は相当な長さで、自分の意志で覚醒しました。

共通するのは『二度寝』、『離脱したいという意識』、『これが夢だと気付ける時は意識がほぼ無い(ほとんど普通に寝ているはず)』というところでしょうか。

早く寝る・強い眠気を作り出すというのが”夢を夢と気付くのにプラスの事”なのかが分からないのが残念ですが、実体験ですので参考にしてもらえればと思います。根拠は無いですが個人的には強い眠気は意味があるように感じていて、夢を見るまでの時間が早いほど気付く確率も高くなりそうな気がしています。そうすると一体何時間後にアラームをセットするのがベストか?となるので、試行錯誤していきたいと思います。

他にもネットでは『二度寝前に”自分は夢に気付ける、気付ける”と何回か復唱してから寝る』とか『リアルでも常に”これは夢なのか?”とチェックするクセを作る』など、結構笑えるものがありますが、それを割と真面目にチェックしている私も十分変ですね 笑。また気付いた事があれば追記します。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. シルバー より:

    質問です。
    「しばらくするといろんな映像ががまぶたの裏をよぎる事もありますが「ただただ観察」し続ける事」とおっしゃっていますが、この時まだ白いモヤを追いかけてるのでしょうか?金縛りが来てもずっとおこなっているのでしょうか?

    • nomi58 より:

      ご質問ありがとうございます。

      私の体験だけでの返答になりますが、何かしら鮮明な映像がよぎる頃には白いモヤモヤは無いです。なので、その後の段階である金縛り中にも白モヤはありません。

      白モヤ(初期)⇒映像(中期)⇒金縛り(離脱準備)⇒金縛りとける(離脱完了)

      参考になれば幸いです^^

  2. みつお より:

    質問です。
    私はいつも横向きでないと眠れないのですが(仰向けだと全くと言っていいほど眠気が来ないです)、横向きからの離脱は可能だと思われますか?

    もしくは仰向きでも眠気を誘発?しやすい方法はありませんでしょうか?

    • nomi58 より:

      ご質問ありがとうございます。

      寝る姿勢はあまり関係無いかな?と思います。
      というのも、実は私も横向き(右向き)でないと眠れません。なので離脱も横向きの時が殆どです。

      離脱の手法は仰向けが条件と書かれているところが多いのでしょうか?
      でしたらそんな事はありませんので、ご安心ください。

  3. うんこ より:

    金縛りの感覚が分からないです。
    大体金縛りの前に寝てしまいます。
    人生で一回も金縛りにあったことないです。
    これだと離脱難しいですかね・・・

    • nomi58 より:

      私も離脱するまでは一度も金縛りにあったことがありませんでした。
      今では慣れたといっても、金縛り前に結構寝落ちして失敗しています。
      離脱しようとして身体とか目が力んでいると上手くいかなくて、諦めて普通に寝ようとしたらそこで金縛りが来ることもあります。

      なので、離脱しようという意識、モチベーションが続けば、いつかは成功すると思いますよ。

  4. 夜杜 より:

    質問です。
    鼻呼吸が必須だと書いてあるところが多いのですが必須ですか?

    • nomi58 より:

      私はいつも鼻呼吸なので気にしたことありませんでした。

      何故鼻呼吸が必須なのか理由が分かりませんが、自分が眠りにつけるなら口呼吸でも大丈夫だと思いますよ。

  5. kaka より:

    こんにちは
    質問させてください。

    離脱用のバイノーラルビートなどを聴きながら入眠時、2度寝時などに試しています。

    金縛りにはならないのですが、意識が落ちてきて頭からぐわぁーんひゅうーーー!
    とけっこう強く落ちる感覚や、なんか浮きそう?な感覚になる事があります。

    こうなって、ローリングやら光体法やら浮く感じやら試してみるのですが離脱してはいません。

    上記の感覚に きた!と反応してしまっている感もあるのですが…

    どうしても抜ける感覚がつかめません。
    幽体だけ起き上がるとは、感覚で掴むしかないでしょうか?

    また、1度離脱した夢?ほんとにしたのか?的な事がありました。

    その時は弱い金縛りか?と思ってるとひゅうっ!と頭から抜けました。

    そのイメージを持ってやってみたほうがいいでしょうか?

    長くなりました。すみません。

    よろしくおねがいします!

    • nomi58 より:

      “幽体だけ起き上がるとは、感覚で掴むしかないでしょうか?”

      との事ですが、私の離脱方法では

      金縛り終わる=離脱完了(の合図) です。

      なので、金縛りが終わって動いてみると、現実の体の感覚に近いんですが、実際には離脱したアッチの身体だけが動いている、という感じです。

      なので”幽体だけ起き上がらそう”という事を考えていません。金縛りが終わったら既にアッチの身体なんです。

      ぐわーんという感覚が来たのなら、ぜひそのまま落ち着いてやり過ごしてみてください。きた!と反応するのは私も同じです。
      そう反応するという事はほぼ金縛りと同じ状況まで来ていると思います。
      でも、その後にローリングや○○法は必要ないというのが私の持論です。ただやり過ごすだけです。

      後半のイメージの件は分からないです。
      というのも、私は身体のどこからか抜けるイメージをしたり、瞼の裏や脳裏に何か(過ごしてみたい景色とか、会ってみたい人・キャラクター等)のイメージを投影?もしくは妄想?を積極的にして離脱に成功したことがありません。

      なるべく何も考えず金縛りを待っているだけです。
      (その過程で勝手に流れてくるイメージを見る事はあります)

      でも、自分のイメージを使って離脱している人も大勢いるとは思いますので、ご自身に合った方法を探してもらえればと思います。

      回答も長くなりすみません。参考にしていただければ幸いです^^

  6. Landship より:

    幽体離脱はモチベ次第で誰でも出来ますか?

    • nomi58 より:

      出来ると思います。

      モチベーションがあり、それでも離脱出来ずにつまづいている部分があれば質問してください。

      • Landship より:

        白いモヤモヤがなかなか見えません。
        コツとかありますか?

        • nomi58 より:

          お返事が遅くなりごめんなさい。6月27日の追記をご覧ください。二度寝の時にいったんは普通に眠るようにすることで、白モヤが見える可能性が上がるという方法です。