眠れない時に眠る方法

趣味である体外離脱(明晰夢)を楽しんでいるうちに発見した”眠れない時にすぐ眠れる方法”を共有します。多分最も簡単で誰でも出来る方法なので、眠れない時に試してみて下さい。

は、早く眠らせてくれぇ・・・

眠りたいのに眠れない時、横になってスマホで『すぐ眠る方法』とかを検索すると”この呼吸法が効く!“とか”暖かくて胃に優しい飲み物を!”とか色々出てくるんですが、ぶっちゃけどれも面倒くさい!もう横になってるんだから早く眠らせてくれっ!そんな方は次の方法をお試しください。

すぐ眠れる方法:『眠る』と思い込む

具体的な方法です。眠る姿勢になって、目を閉じ、頭の中で『眠る、眠る、眠る・・・』と延々と連呼します。『眠る』を声に出す必要はありません。心の中、頭の中で唱え続ければOKです。脳が疲れるくらい連呼したり、逆にゆっくり唱えてみたり、”眠る”や”睡眠”という文字自体を大量に想像したり、とにかく『眠る』ということだけ延々と考えていると、暗示が掛かっていつの間にか眠れてます。

何の専門家でもありませんが、私はこれはプラシーボ効果に似たものだと思ってます。

言葉の力、思い込みの力って強力です。

あ、外国人の方は母国語でやってね。って、ここには来ないよな。眠れない外国人が相談に来たらぜひ教えてあげてください。

おやすみなさい。

効果抜群の安眠グッズのご紹介

経験上『より暗く』『より静か』であるほど睡眠の質が上がります。睡眠の質が上がると、いつもより目覚めが早くなったり何となく健康な気もしてお得です。

アイマスク

試してみて欲しいんですが、両目を瞑ってみてください。その後、両手の手のひらで両目を覆うようにしてみてください。同じ目を瞑っているのでも、外の光が入るのと入らないのでは、明るさが全然違う事に気付かれると思います。

アイマスクで視界がどの位暗くなるかというと、ピッタリとフィットさせた状態だと、目を開けてみても、目を瞑っている時と全く同じ暗さなんです。

「これ、目を開けてても眠ってるのと同じ効果があるんじゃない?」と思えるくらいです。

ただ、実際にピッタリとフィットさせ、それを維持するのはかなり難しいです、というのも、どうしても鼻の辺りから(アイマスクが自分の鼻の形に作られていないため)少しの光は入り込んでしまいます。フィットさせるためにバンドをきつく巻くと、頭が締め付けられるようになり、気になって仕方ありません(ここは少し工夫すれば、よりフィットするように出来るとは思いますが、実際それほど気にしていません。)

以下は実際に自分が買って使っているアイマスクですが、これを一度使ってみると「何で今まで使ってなかったんだろう」と、嬉しい後悔?が味わえます。これはぜひ買いましょう。

耳栓

今まで耳栓を持っていなかったのは「朝のアラームが聴こえなくて会社に遅刻したら困る」のが理由でしたが、今の耳栓は進化していて、周囲の雑音はほぼシャットダウンしながらも、アラームや警報はちゃんと聴こえるスゴイ作りになっているんです。実際に買ったのが以下の耳栓です。

この耳栓は水洗い可能で付け心地も良く、小さいサイズなので左右を向いて枕に耳が沈む際も耳が痛くなりません。

三大欲求の一つである睡眠欲を気持ちよく満たせるアイマスクと耳栓、ぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました